ベランダなどの劣化を防げる防水工事|業者へまずは相談しよう

積木

家の美観を取り戻す

刷毛

住み始めて何年も経てば、家の外壁が薄汚れてきます。でも、外壁塗装工事を実施することにより、新築当時の美しい外観を取り戻すことができます。福岡では、外壁塗装工事に光触媒塗料を用いる人が増えてきています。光触媒塗料を塗ると、家の外壁が汚れにくくなります。

屋外の施工で魅力をアップ

庭

家の雰囲気をアップするために、屋外の造園工事を利用する方が昨今は多く見られます。岡山のある造園業者は、イメージをデザインに起こして施工を行います。取り扱うメーカー品も多いため、希望通りの施工が叶いやすくなります。こういった業者を選ぶと、色々なメリットが得られます。

気になったら業者へ相談

傘と家

危険なサインを参考に

ベランダやバルコニーなどの防水効果がなくなると、雨漏りが発生して家が大きなダメージを受けてしまいます。ベランダやバルコニーが雨漏りを起こす前のサインとしては、防水シートのはがれやふくれなどが発生しますので、注意が必要です。新築時には防水シートが貼られていますが、その施工に問題がある場合には、新築からそれほど年数が経たないうちに不具合が発生します。また、十分な施工がされていても、屋外にあって雨や紫外線や、気温の変化の影響を受け続ける防水シートは、想像よりも早く経年劣化が進んでしまいます。他にも、通常起こらない様な水溜りやヒビ割れなどは危険なサインですので、少しでも異変を見つけたら早急に防水工事を行う必要があります。

施工の種類が豊富

防水工事には非常に多くの種類があり、施工する業者によっても独自の工法を持っていることがあります。代表的なものとしてFRP防水という工法があり、これは、塗装を行なった上に防水シートを貼り、その上に塗装をして終了になります。施工が簡単なために費用を抑えることができますし、時間もそれほど掛かりません。比較的広い面積であれば、アスファルトを使用した防水工事が適しています。これは、アスファルトを熱することで隙間を埋めるので、防水性能が高く、確実性があります。しかし、施工は簡単ではありませんので、比較的費用も時間も掛かる可能性があります。防水工事は、現場を見ることから始める必要がありますので、気になったら早めに業者に相談しましょう。

イメージの違いを無くそう

住宅街

川崎市で外壁塗装の施工が終わってから後悔しないように、事前にカラーシミュレーションを行うことが大切です。カラーシミュレーションは、業者のホームページから簡単なものなら行えることもあります。また1つの色だけではなく、ツートンなどのバージョンも試せます。